風邪をひいちゃった!体調不良でも脱毛は受けられる?

2018.09.09
Pocket

脱毛の予約は1~3か月前にするので、予約日が近くなってから体調不良になるのも致し方ないといえます。しかし、予約をキャンセルすると取り直しが難しい上に、ペナルティが課される場合もあるので、なるべくキャンセルは避けたいものです。
万が一、予約当日に風邪などの体調不良になった場合、脱毛が受けられるのでしょうか?

体調不良だと脱毛できない理由とは?

結論からいうと、風邪などの体調不良では、脱毛の施術を受けることができません。なぜなら、体調不良の状態で脱毛をした場合、体調にさらなる悪影響を及ぼすリスクがあるからです。

ヤケドなどの肌トラブルが起きやすくなる

風邪による発熱で体温が高いときは、皮膚の表面温度も上がっています。その状態で光やレーザーを照射すると熱が増幅されるため、皮膚にヤケドを負う可能性が高くなります。

また、痛みがいつもより強くなったり、皮膚が炎症を起こしたりするため、脱毛を受けてもリスクしかありません。
高熱でフラフラの状態では脱毛どころではありませんが、まだ多少の無理がきく「微熱」のときは要注意です。普段の体調より少しでも違う部分があったら、正しく申告をして脱毛できるかを確認しましょう。

薬の服用による影響

風邪薬や持病の薬を飲んでいる場合、脱毛の施術に悪影響を及ぼす「光線過敏症」を起こす可能性があります。多くのサロンやクリニックで、施術前に薬を飲んでいるか確認するのは、この理由があるためです。
光線過敏症とは、そのリスクがある薬を服用したあと、日光などの光を浴びたあとに発症します。皮膚の赤み、炎症、かゆみを伴う発疹が主な症状です。脱毛では日光よりも強力な光やレーザーを照射するため、この症状が起こるリスクが高くなります。また、光線過敏症を起こしやすい薬は以下の通りです。

・抗生物質
・風邪薬、解熱鎮痛剤
・アレルギー症状(花粉症や鼻炎など)
・抗うつ薬
・睡眠薬
・ステロイド剤
・抗がん剤

これらに該当する薬を服用している場合は、カウンセリングの時に必ず申告をするようにしましょう。申告せずに脱毛をして何か症状がでた場合、自己責任となる可能性も否定できません。

予防接種は要注意

風邪をひいていないから大丈夫、と油断しやすいのがインフルエンザなどの予防接種です。予防接種を受けてから脱毛した場合、肌が敏感になったり、発熱や皮膚が腫れたりといった症状が起こります。
また、インフルエンザの予防接種はウイルスを体内に注射することで抗体を作るため、体調不良を起こす人も少なくありません。毎年予防接種を受けている方も多いですが、脱毛の前後1~2週間は避けるようにしましょう。

施術が原因で風邪をひくことも

脱毛を受ける前の体調管理も重要ですが、脱毛の施術が原因で風邪をひくこともあります。なぜなら、脱毛の施術で肌を露出することに加え、痛みを軽減するための冷却、店内の空調といった要因が重なって「寒い」と感じる方が多いのです。
特に、薬を服用していない、風邪のひきはじめや治りかけの場合、症状が悪化することもあるので注意しましょう。

持病がある人は脱毛できない?

一時的に薬を服用している場合は、症状が完治して薬を止めれば再び脱毛することができます。しかし、持病があって毎日薬を服用している方は、絶対に脱毛ができないのでしょうか?

脱毛サロンでは基本的にNG

脱毛サロンで行う光脱毛は医療行為ではなく、医師の資格を持たなくとも施術ができる脱毛方法です。つまり、体調不良や服薬をしている方に対し、万が一の事態が起きても対処できないので「全面的に施術を断る」しかありません。持病を持っている方は、脱毛サロンは利用できないと覚えておきましょう。

脱毛クリニックなら脱毛できる可能性あり

脱毛クリニックで行う医療レーザー脱毛は、その名の通り医療行為であり、医師や看護師がいるクリニックでしか施術できません。そのため、持病を持っていたとしても、医師の診察によっては脱毛できる可能性があるのです。
甲状腺疾患、アトピー性皮膚炎、てんかん、心疾患という持病がある方は、脱毛クリニックで一度相談することをおすすめします。

キャンセル規定を確認しておく

予約日が近くなって体調不良になってしまった場合、予約をキャンセルするのは致し方ないでしょう。サロンやクリニックによって、キャンセル規定が異なるため、事前に確認することをおすすめします。

施術1回分を消化するところが最も多く、1,000~3,000円程度の現金を追加請求するサロンもあるようです。しかし、これらのペナルティは「当日キャンセル」の場合が一般的です。前日~3日前までならキャンセル可能としているところが多いので、やむを得ない理由を除き、当日キャンセルは避けることをおすすめします。

まとめ

風邪などの体調不良と脱毛の関係について、お分かりいただけましたか?予約をキャンセルしたくないと無理をして、ヤケドなどの肌トラブルが起きてしまっては本末転倒です。予約がある月に入ったら、体調管理に気を配るようにしましょう。