脱毛に副作用があるって本当?注意すべき副作用

2018.06.19
Pocket

光脱毛やレーザー脱毛を受けることにより、さまざまな副作用のリスクがあることをご存知でしょうか?毛のメラニン色素に反応して熱を発生させる光やレーザーで、毛根に熱ダメージを与えて毛の再生を抑制するのがサロンなどの一般的な脱毛方法です。
つまり、光やレーザーを照射したときの熱が皮膚に伝わることが避けられず、さまざまな副作用が起こるリスクがあるのです。
そこで、脱毛を受けるなら知っておくべき、副作用と対処法についてご紹介します。

光脱毛・レーザー脱毛の副作用とは?

脱毛サロンと脱毛クリニックは、照射するのが光かレーザーかの違いだけで、脱毛の仕組みは変わりません。すなわち、脱毛の種類は関係なく、同じような副作用が起こる可能性があるといえるのです。

赤み、ヒリヒリ、むくみ

脱毛で毛根に与えた熱が皮膚に広がり、軽度の火傷や日焼けのような副作用が起こることがあります。
これは毛根から伝わった熱が原因で皮膚が炎症を起こし、皮膚の赤みや、ヒリヒリした痛み、むくみなどが発生するのです。レーザー脱毛は照射する出力が高く、かつ毛根への熱エネルギーが強いため、光脱毛より比較的起きやすい副作用といえます。
光脱毛は出力が弱く痛みがほとんどないという特徴がありますが、肌が弱い方の場合はこの副作用が起こり得るといわれているようです。この副作用は保湿をしっかり与えていくと、数日間で自然に治っていくという特徴があります。

火傷、色素沈着

脱毛から数日経っても皮膚の赤みや痛みが治らない、または色素沈着を起こした場合、火傷の症状が起きている可能性が高いです。
火傷が起こる原因とは、サロン側にある場合と、脱毛後に日焼けをしたことの2つです。サロン側の場合とは、使用している機器の問題や、光やレーザーの照射出力が強すぎて合わなかったという2つが考えられます。
そして、レーザー脱毛をした後に日焼けをすると、照射した部分がシミのような色素沈着を起こすことが稀にあるようです。このような火傷の症状が起きた場合は決して自己判断せず、必ずサロンやクリニックに相談しましょう。

毛嚢炎

脱毛後にニキビのような赤いブツブツが肌にできる、毛嚢炎(もうのうえん)も副作用の1つです。
光やレーザーを照射した熱が原因で、脱毛後にバリア機能が低下して、毛穴が傷付いてしまうことがあります。そのような状態の肌にブドウ球菌などの細菌が侵入し、炎症が起きることが毛嚢炎になる原因です。
痛みがない場合は自然と治りますが、赤みと痛みが強くなった場合は炎症が悪化している可能性が高いです。悪化した毛嚢炎は潰さずに、サロンやクリニックに相談すると適切な処置をしてくれます。

埋没毛

埋没毛とはムダ毛の自己処理を重ねた結果、毛穴の出口が角質化して皮膚の下に毛が生えてしまう症状です。特にカミソリで剃った毛先は鋭利になっているため、毛先が毛穴以外の皮膚に侵入してしまうことも原因の1つといわれています。
光やレーザーの脱毛は埋没毛の改善に効果が期待できるのですが、ごく稀に脱毛が原因で埋没毛が起きることがあるのです。
しかし、埋没毛の最大の原因である毛を生えさせなくすれば、この問題は解決できるといえるでしょう。また、埋没毛の原因の1つである角質化を防ぐために、保湿をしっかりするセルフケアを欠かさないことも大切です。

増毛化、硬毛化

光やレーザーを照射したあと脱毛できず、逆に毛が増えたり、太くなったり、硬くなったすりする増毛化、硬毛化という副作用があります
背中や二の腕といった産毛が多い部分に起こりやすいのですが、はっきりした原因が解明されていないのが現状です。予防法や改善法も確立されていないため、脱毛効果が出るまで脱毛を繰り返す対処療法しかないようです。

光やレーザーの打ち漏れ

脱毛の施術は人間の手で行われるため、照射する箇所を飛ばしてしまう「打ち漏れ」も副作用の1つに含まれます。打ち漏れが起きやすいのは、顔や脇、VIOといった凹凸があり、照射する範囲が狭い部分に比較的多いようです。

光やレーザーが間違いなく照射されている部分は、伸び始めた毛が1~2週間ほどでボロボロと抜け落ちてくるものです。しかし、脱毛したはずの肌から「毛が一部分にまとまって」伸びてきた場合、打ち漏れの可能性が高いと考えられます。

もしかしたら打ち漏れかも?と思ったら、剃ったり抜いたりせず、早めにサロンやクリニックに問い合わせをしましょう。肌の状態を見せて打ち漏れと判断されれば、予約と追加料金なしで再照射を行ってくれるはずです。

まとめ

脱毛で起こり得る副作用についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
自己処理でもカミソリ負けや肌荒れなどを起こすように、サロンなどの脱毛も肌トラブルが起こるリスクがあるといえるのです。
また、脱毛を受ける前に必須であるカウンセリングで、副作用に関する内容をしっかり聞くことも重要です。脱毛をより安全に受けるためにも、事前に副作用のリスクを知り、適切な対応が取れるようにしましょう。