脱毛中に日焼けはNG!日焼けの対処法!

2018.05.25
Pocket

なぜ脱毛のお手入れ中に日焼けをしてはいけないの ?

レーザー脱毛や光脱毛の施術で用いられる光線には、黒い色(メラニン色素)に反応するという性質があります。
黒い毛根に照射することによって熱が発生し、その熱エネルギーで発毛細胞にダメージを与えて毛が生える能力を衰えさせるのが特徴です。
通常、毛周期のうちの毛の成長期にタイミングを合わせてお手入れを繰り返し、部位によって多少の違いがあるものの、レーザー脱毛なら5~8回、光脱毛なら12~15回で脱毛が完了するのが目安です。

光線は明るい肌色には直接は作用しませんが、光線の性質上、日に焼けた褐色の肌やホクロ・アザの上に照射をしてしまうと皮膚が熱を吸収してしまい、火傷や炎症のリスクが高まるので、場合によってはお手入れをお断りされてしまうことがあります。
脱毛のお手入れ期間中に日焼けがNGな最大の理由は、レーザーや光が皮膚に反応して熱が伝わるのを防ぐためです。

また、脱毛のお手入れを受けている肌はデリケートな状態にあります。
そんな時に日光を浴びてしまうと紫外線によるダメージを受けやすくなり、シミやソバカスができやすくなったり、肌の極度に乾燥したりするので要注意です。
もちろん日焼けサロンなどに行くのはもってのほか。どうしても日焼けをしたいという人は、脱毛の完了を待ってからにしましょう。
日焼けの原因となる紫外線は、ただでさえ肌質を劣化させやすいので、脱毛中は徹底したUV対策が必要になります。

脱毛のお手入れ期間中の正しい対策方法は ?

日焼けをしないためには、日光を浴びないのが一番の得策ですが、脱毛が完了するまでの期間中ずっと太陽を避けている訳にはいきません。
外出するときは長袖を羽織るなどして、脱毛の施術を受けているパーツの肌を露出しないように心掛け、つばの広い帽子や日傘も駆使するといいでしょう。
ワキやVIOラインであれば日光に当たることもないのでそれほど神経質になる必要はありませんが、顔のような常に露出しているパーツは特に注意が必要です。

日焼け止めクリームは日焼け止めの予防には効果的ですが、肌に負担をかけかねません。特に注意したいのは、紫外線吸収剤と呼ばれる成分。紫外線を肌の表面で吸収して跳ね返し、皮膚の奥への浸透を防ぐ紫外線吸収剤は、高いSPF値の日焼け止めクリームに含まれています。高い日焼け止め効果が期待できますが、有機化合物質なので特に敏感肌の人には刺激が強いことがあります。
日焼け止めクリームの効き目が高いと、肌への負担が大きくなり、逆に肌への負担が少ない日焼け止めクリームは、効果が低くなってしまうので、妥協点を見つけて自分の肌に合ったクリームを選ぶといいでしょう。
さらに飲んで効く日焼け止めサプリを併用するのも賢明です。

脱毛のお手入れに用いる光線にも、日光に含まれる紫外線にも負けない、健やかな肌をキープするために欠かせないのは、やはり保湿ケアです。
脱毛のお手入れ期間中は、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分を十分に皮膚に補給してあげることが重要になります。
スキンケア用品にケミカルな成分が含まれていると刺激が多くなってしまうので、敏感肌の人には香料や着色料などが無添加の自然派コスメがおすすめです。

また、脱毛のお手入れを受けた当日はさらなる注意が必要です。
レーザーや光を照射した肌は、熱を帯びて乾燥し、肌本来が持つバリア機能が低下しがち。
紫外線はもちろん、発汗を促すような入浴やスポーツは避け、冷却と保湿によって鎮静化させてあげなければなりません。きっちりケアしておかないと、赤みや腫れがなかなか引かないばかりか、脱毛の効果も十分に得られなくなるかもしれません。
もしクリニックやサロンから帰る途中で紫外線を浴びてしまい、肌にトラブルが起こったら、自己判断は避け、担当スタッフの指示を仰ぐようにしましょう。クリニックの場合は、医師が必ず常駐しているので軟膏などの薬を処方してもらうことができ、的確で迅速な処置が受けられるので安心です。

日焼けのダメージを最小限にとどめる理想的な脱毛とは?

脱毛完了までには、毛周期に合わせて約1~2ヶ月おきの施術を繰り返し行う必要があります。
レーザー脱毛だと、光脱毛と比較すると少ない回数で済むので、脱毛の期間も短くなり好都合です。
また、例えば顔のお手入れの予約を入れる時は、帰り道に強い日差しを浴びることがないよう、日中ではなく夕刻をチョイスするのもいいかもしれません。
お手入れを開始するシーズンは、肌の露出が増えて日焼けをしがちな夏が終わり、厚着になって紫外線を浴びる機会も減る秋からが理想的です。

レーザー脱毛であれば、最短半年~1年弱で脱毛を完了させることも可能なので、秋に始めたら翌年の春夏にはツルツルの肌を存分にさらけ出し、日焼けも自由にできるようになること請け合いです。