脱毛当日にニキビが……顔にニキビができても脱毛はできる?

2018.08.14
Pocket

ニキビができても脱毛は可能です

ニキビは、アクネ菌などが毛穴に詰まった皮脂汚れに繁殖して発生する吹き出物です。施術当日の朝に、赤くポツンと腫れあがったニキビを見ると「施術中止になるかも」と不安になってしまう方もいるかもしれません。顔脱毛を検討している方であれば、頬やおでこの生え際などにできるニキビが不安に感じることでしょう。

顔だけではなく、背中にもニキビができやすい傾向があります。背中ニキビは自分で見つけることができませんので、スタッフに指摘されてはじめて気づくことも。こういった場合も施術中止を言い渡されそうで不安になります。

1つ程度のニキビであれば施術を可能としているところがほとんどです。ほくろ周りの施術と同様、パッチなどでカバーをすることもあります。
ただし、できてしまったニキビに対する脱毛サロンの見解はまちまちです。
「白ニキビなら問題ない」「赤ニキビ・黒ニキビは周りを避けて照射」「黄色ニキビ(いわゆる膿がたまった状態)は中止」「赤みが広がっている場合は中止」「ニキビの数が多い場合は中止」などというように症状に合わせた対処を取っているようですので、まずはサロンの見解を仰ぎましょう。

ニキビがたくさんできている場合や、黄色ニキビに進行している場合、ニキビの先が破けて組織液がにじみだしているような状態などの場合は、肌を休めることが先決です。
不特定多数の方が出入りする脱毛サロンで感染症にかかる可能性も否めません。ですので、早めに脱毛サロンに連絡を入れて予約日を変更してもらうようにしましょう。
ドタキャンはペナルティーの対象となります。できるだけ前日までに連絡を入れることをおすすめします。

光脱毛によるうれしい効果も

「ニキビ肌の方は光を浴びるとよい」という話を聞いたことがありませんか?
これは、肌の代謝に関係があります。肌の皮膚の代謝には光が必要になります。脱毛機器が照射する光は、紫外線などの体に悪影響があるものは含まれていないため「光老化」や「シミ・しわ」の心配は皆無です。脱毛サロンで光を浴びることでニキビが悪化することはありません。

光は、細胞を活性化させる働きやコラーゲンの生成を促す効果があります。「フォトフェイシャルエステ」など光美顔エステは脱毛サロンで照射する光に近い波長の光です。
そのため顔脱毛の際に照射する光でも、細胞の活性化やコラーゲンの生成などを促す作用があります。ニキビができた肌に光を照射することで、ニキビが治りやすくなる可能性も生まれます。

また、ニキビ跡ができてしまった方でも、光脱毛を何度か受けていればきれいな肌に変化していきます。もちろん、即効果が生まれるということではありませんが、肌のターンオーバーに合わせて徐々にきれいな肌に変化していきます。

1~2個程度のニキビであれば、積極的に光脱毛を受けましょう。ただし、その周囲から離して光照射を行う場合もありますので、サロンごとの対応を確認することも忘れずに行いましょう。

ただし、ニキビができる原因が乾燥肌による皮脂の過剰分泌である可能性があります。光脱毛を受けた後に、肌のケアをせずに放置しておくとニキビが増えてしまう可能性も否めません。
「脱毛サロンで保湿ケアを受けたから大丈夫」ではありませんので、ホームケアでも丁寧な保湿を行いましょう。背中ニキビの場合も、同様にお手入れをしていきましょう。

新しいニキビは作らない!お手入れの方法は

次の脱毛サロンの予約日にも、ニキビの有無で憂鬱な気持ちになるのは避けたいでしょう。そこで、新しいニキビを作らないためのお手入れ方法があります。ぜひ、こちらを励行してみてください。

といっても、大々的な方法ではありません。
添加物が含まれていない石鹸素地メインの洗顔用石鹸を用いた洗顔と、アルコールフリー・オイルフリーの化粧水・乳液(美容液)を用いたケアです。
普段使用している基礎化粧品を用いたケアのみでニキビは十分に防げます。

ただ、合成界面活性剤や防腐剤が含まれた洗顔料は肌の乾燥を進めてしまいますので、敏感肌用のものに変えるか、洗顔用石鹸の使用をおすすめします。

洗顔用石鹸はナチュラル系コスメを販売するショップなどで取り扱っています。
ニキビができやすい鼻の周りや頬、顎、おでこの生え際などはたっぷりの泡でなでるように洗い、しっかりすすぎましょう。
洗顔後は基礎化粧品を使って保湿ケアを行います。たったこれだけのケアですが、肌の保湿ケアは十分です。最低でも1ヶ月以上続けると、ニキビができにくい肌に変化していきます。

女性ホルモンの変化で起こる、いわゆる「大人ニキビ」は、通常の肌ケアだけでは対処できない場合があります。しかし、規則正しい生活・暴飲暴食を避ける・女性サイクルを把握するだけで脱毛の予約日を避けることも可能です。

また、生理前にニキビができやすい方は、脱毛サロンの予約日を生理が終わったタイミングで入れるなどの対処をすることで避けることができます。

まとめ

ニキビができてもある程度までがお手入れが可能です。ただし、炎症が進行している場合やニキビの数が多い場合は施術ができない場合もあります。皮膚の健康を考えてほかの日に変更するなど対処を取るべきです。また、普段の肌ケアでニキビを避けることができます。ぜひ、毎日のケアも気にしてみましょう。