脱毛後にお風呂や温泉に入るのはNG?シャワーは大丈夫?

2018.10.02
Pocket

近頃では、脱毛サロンやクリニックなどで、手頃な値段で脱毛が受けられるようになりました。
脱毛する箇所や範囲にもよりますが、短時間で済むことがほとんどで、脱毛後も時間を有効に使うことができます。

脱毛後にお風呂や温泉に入ってゆっくりしたいと考えるかもしれませんが、そのような行為は控えるように注意されることがほとんどです。
そこで、脱毛後にお風呂や温泉がNGな理由について、詳しく紹介していきます。

脱毛後にお風呂、温泉がNGな理由とは?

脱毛後の肌は、一見何のトラブルもなく普段と変わらないようにみえるでしょう。
そのため、普段通りに過ごしたいと考えてしまいますが、脱毛サロンやクリニックのほとんどが、脱毛後の入浴を禁止しています。

それは、主に2つの理由があるからです。

肌がダメージを受けているため

一日の終わりには、お風呂で汗を流してさっぱりしたいと考えるでしょう。
特に夏は汗をたくさんかきますので、お風呂に入らないと気持ち悪いですし、不衛生です。

しかし、脱毛を受けた肌は強いダメージを受けており、脱毛後の入浴や温泉は肌トラブルを引き起こす原因になるため、控えることをおすすめします。

脱毛サロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛による脱毛が主流であり、両者とも、毛根にあるメラニン色素を高熱の力で破壊してムダ毛を処理していきます。
肌の表面は何事もないように見えても、肌の内部にはまだ熱がこもっていますし、目に見えないほどの小さい傷がついているのです。

お風呂を毎日掃除してお湯を取り換えていても、お風呂の配管の中には目に見えないバイキンや雑菌がたくさん潜んでいます。

健康で特に体調に問題がない時は、免疫が適切に働いてくれて、バイキンや雑菌の多い湯船に入っても、トラブルを起こすことはほとんどないでしょう。
しかし、脱毛によって肌がダメージを受けていると、肌のバリア機能が低下していますので炎症やトラブルを起こしやすくなっています。

入浴で体温が上がってしまうから

お風呂に入ると全身が温まって血行がよくなりますが、脱毛後の場合は、これが肌トラブルにつながるリスクを高めてしまいます。
それは体温が上がると毛穴が開くため、湯船に浮遊しているバイキンや雑菌が毛穴から侵入しやすくなるからです。

また、脱毛によって肌のバリア機能も低下していますので、バイキンや雑菌の働きを抑えることができず、かゆみや炎症が起こりやすくなります。

上記以外にも、脱毛を受けた箇所が熱を持っているため、入浴でさらに脱毛箇所を温めてしまうと体に熱がこもり、かゆみなどが強く出ることがあるのです。
脱毛後に必ず、保冷剤などを使って冷却処理をするのは、脱毛部分に残った熱を冷ますためですので、温めてしまうとその効果が薄れてしまいます。

特に温泉は、自分や家族だけでなく不特定多数の人が利用するためバイキンや雑菌の数も多くなりますので、より一層注意が必要なのです、
お風呂や温泉だけでなく、岩盤浴やサウナも、同様の理由で脱毛後は控えるのが無難でしょう。

お風呂、温泉だけじゃない!他にも注意するべきこととは?

脱毛後の肌トラブルを避けるためにも、注意することは他にもあります。

飲酒

脱毛を受けた日は、アルコールを飲むことを我慢しましょう。
アルコールを飲むと体温が一気に上昇してしまい、お風呂に入った場合などと同じように毛穴が開いてバイキン、雑菌が入り込みやすくなるからです。

激しい運動

たくさん汗をかくような激しい運動をすると、体温が上がります。
その影響で毛穴が開き、そこから汗が入り込んでしまうと、炎症や肌トラブルが起こりやすくなるのです。

予防接種

予防接種の種類や体質によっては、接種後に炎症や腫れ、痛みといった副作用が強く出ることがあります。
脱毛前後に予防接種を受けると、その副作用がさらに強まるリスクが高くなってしまいます。

予防接種の予定があるときは、必ず医師に相談してから脱毛を受けるようにしましょう。

紫外線

脱毛後のダメージを受けている肌に紫外線をあててしまうと、さらなるダメージを重ねてしまい、皮膚トラブルも出やすくなります。

また、脱毛前に日焼けをしてしまうと、脱毛自体が受けられなくなる可能性が高くなるため、日焼けには十分注意しましょう。

脱毛後もさっぱりしたい!シャワーならOK?

先述のように、脱毛後のお風呂はNGでもシャワーだけなら大丈夫としている脱毛サロンやクリニックも多々ありますが、いくつか注意する点があります。

温度に注意すること

シャワーを浴びる際には、シャワーの温度には十分注意してください。

それは、熱めのシャワーを浴びてしまうと体温が上がり、毛穴も開いてしまうため雑菌、バイキンが入りやすくなることや、体に熱がこもってしまい体調不良を引き起こしやすくなるためです。

脱毛後にシャワーを浴びるときは、ぬるま湯(38度以下)に設定しましょう。

洗い方にも注意

普段、体を洗うときにボディソープやタオルを使って、洗っている人も多いでしょう。
しかし、脱毛後の肌はとてもデリケートですので、洗い方にも配慮が必要です。

石鹸やボディソープを使用するときは、直接肌に付けるのではなく、よく泡立ててから、泡で洗うようにしましょう。
また、タオルやボディブラシを使ってしまうと、肌に刺激が強いため、手を使って優しく洗いましょう。

まとめ

お風呂や温泉は、基本的には脱毛を受けた翌日から入ってOKとしている脱毛サロン・クリニックがほとんどです。

しかし、脱毛を受けた箇所の赤みが引いていない、かゆみがあるといった場合は入浴や温泉をしばらく控えたほうがいいでしょう。
自分で判断がつかないときは、脱毛を受けた脱毛サロンやクリニックに相談してみると安心です。

サロンやクリニックから言われた注意点をしっかりと守って、脱毛後の肌を健康に保ちましょう。