脱毛後に鳥肌のようなブツブツ肌に!ブツブツ肌になる理由と対処法

2018.10.21
Pocket

脱毛でムダ毛のないキレイな肌を目指したものの、脱毛したら鳥肌のようなブツブツ肌になってしまった、そんな経験ありませんか?

ざらざらとした感触に加え、見た目も悪いので気にする方も多いでしょう。
今回は、脱毛後の鳥肌やブツブツ肌になる理由と、改善できる方法についてご紹介します。

脱毛後に鳥肌のようになる理由とは?

脱毛後の肌が鳥肌になる最大の原因とは、毛抜き、ワックス、家庭用脱毛器といった「毛を抜く自己処理方法」によるものです。
では、なぜ自分で脱毛することによって、ブツブツ肌へとつながるのでしょうか?

立毛筋の緊張

脱毛をしたあとに鳥肌のようになるのは、「立毛筋の緊張」が原因の1つです。

立毛筋とは、毛1本に対して1~2個ほど付着しいている「筋肉」です。
毛は斜めの状態で生えており、何らかの刺激を受けると立毛筋が収縮します。
それによって斜めに生えている毛が垂直に持ち上がり、肌がブツブツになるのが鳥肌のメカニズムなのです。

たとえば、寒さを感じたときに鳥肌ができるのは、毛穴をふさぐことで体温を保とうとする働きによるものです。
音楽などに感動したときに出る鳥肌は、自律神経である交感神経が働くことで起こるとされています。

とはいえ、そのような鳥肌はあくまでも一時的で、すぐに解消するものです。
脱毛をしたあとも一時的に鳥肌状態になることがありますが、これも時間が経過すれば通常の肌に戻ります。

しかし、脱毛後の肌が鳥肌の状態を維持するのは、「毛を抜く自己処理を継続して行う」ことが原因です。
つまり、自己処理を継続して毛穴が刺激を受け続けると、肌の回復力が弱まり、鳥肌の状態から元に戻らなくなってしまうのです。

脱毛による毛穴の広がり

毛根からしっかりと毛を抜くためには、毛の流れに逆らって抜く必要があります。
そのため、毛を抜いたあとの毛穴が広がり、毛穴が隆起して見えることで鳥肌のようになることも原因の1つといえるでしょう。

脱毛後にブツブツ肌になる理由とは?

脱毛の自己処理で起こりうる肌トラブルは、鳥肌の他に「赤いブツブツ肌」と「黒いブツブツ肌」があります。

毛穴が炎症して起こる毛嚢炎(もうのうえん)

毛抜きによって広がった毛穴や、カミソリで角質が傷付いた肌は、雑菌が感染しやすい状態です。それによってニキビのような赤いブツブツができ、毛嚢炎が起こりやすくなります。

毛嚢炎は、顔にいる常在菌である黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が感染することで起こります。
肌のバリア機能が正常に働いていれば感染しませんが、自己処理で傷付いた肌は毛嚢炎のリスクが高くなるのです。

埋没毛による黒いブツブツ肌

埋没毛とは、ダメージを受けた毛穴を修復するために「かさぶた」を作ることで、新しい毛が表皮に出られないまま伸びてしまうことです。
特に、カミソリや毛抜きで起こりやすくなり、毛嚢炎も併発する可能性もあります。

埋没毛が起こると毛穴が黒く見えてしまうため、見た目にかなりの悪影響を及ぼします。
特に、すねやふくらはぎ、腕、ビキニラインといった場所にできやすいので注意が必要です。

脱毛後の鳥肌とブツブツ肌の正しい対処法

脱毛後の鳥肌とブツブツ肌は、正しい対処法を行うことで予防と軽減が期待できます。

肌を清潔に保つ

脱毛後の肌は毛穴が開いていたり、角質が傷付いたりしている状態です。
そのまま放置すると雑菌が感染しやすくなるため、肌を清潔に保つことが重要です。

ただし、ダメージを受けて敏感な状態の肌は、ごしごしと強く洗うと余計な刺激を与えかねません。
この場合には、低刺激性の洗顔フォームをしっかりと泡立て、泡で洗うように心がけましょう。

しっかりと保湿をする

自己処理をしたあとは、肌の保湿をしっかり行うことが重要です。
特に、カミソリで剃った場合、角質を傷付けることで乾燥しやすい状態になっています。

脱毛後は刺激の少ない化粧水や乳液を使い、顔と同様のスキンケアを行いましょう。

肌の保湿が十分にできているとターンオーバーが正常に働き、古い角質が自然と剥がれ落ちます。つまり、自己処理によって肌に「かさぶた」ができたとしても、ターンオーバーによって剥がれ落ちるため、埋没毛を予防できるのです。

また、潤っている肌はバリア機能が正常に働き、雑菌が侵入しにくくなるため、毛嚢炎のリスクを下げることにもつながります。

自己処理からサロンやクリニックでの脱毛に変える

鳥肌とブツブツ肌を根本から予防、改善する方法とは、「自己処理を止める」ことに尽きます。
自己処理から光脱毛やレーザー脱毛に変えることで、自己処理の回数が激減し、鳥肌が次第に改善していく効果が期待できるのです。

まとめ

脱毛後の鳥肌とブツブツ肌の理由と対策法について、おわかりいただけましたか?

自己処理は肌と毛穴にダメージを与え、肌トラブルの原因を生み出す根源といえます。
安く、手軽にできるのがメリットといえますが、それと引き換えに肌がボロボロになっては本末転倒です。

ムダ毛がない美しい肌になるためには、脱毛サロンやクリニックでの脱毛を強くおすすめします。