脱毛後のケアにベビーオイルがいい理由とは?使用方法と効果も紹介!

2018.11.19
Pocket

「水着をキレイな肌で着こなしたい!」「手触りの良い肌になりたい!」と願う女子の大敵であるムダ毛を一掃できる脱毛は、ムダ毛がなくなるだけではなく、毛穴が引き締って美しい肌を手に入れられると人気の施術です。
しかし、脱毛施術は肌に大きなダメージを与えるのも事実。

そんなダメージが蓄積した肌へのケアは、保湿が第一です。

そこで手軽にできるケアの1つとして人気を博しているのが、ベビーオイルを使用した保湿ケア方法です。
本記事では、何故脱毛後の保湿ケアにベビーオイルがおすすめなのか、保湿ケア方法と注意点をご紹介します。

どうして脱毛後の保湿ケアにベビーオイルがおすすめなの?

どうして脱毛後には保湿ケアをしなければならないのか、保湿ケアにベビーオイルを使用するメリットなどについて見ていきましょう。

脱毛後は保湿ケアが必要?

脱毛サロンやクリニックで使用されている脱毛機器は、一般的には光脱毛とレーザー脱毛の2つです。

どちらも光やレーザーを照射して毛根の発毛細胞を破壊し、新しく毛が生えないようにするという仕組みとなっており、光脱毛であれば約70℃、レーザー脱毛であれば約200℃もの高温で破壊するのです。
この光やレーザーは、黒い色にのみ反応する性質を持っているので肌には反応しませんが、とても高温なだけに発毛細胞の周りにも影響が少なからず出てしまいます。

人によって程度の差はありますが、毛穴がやけど状態になって赤みやかゆみが出る場合も。
脱毛による毛穴のやけどや炎症は軽度ですが、さらに日焼けをしてダメージが与えられると赤みやかゆみで済まずに、ひりひりとしたやけど状態になってしまいます。
そんな肌を鎮めてくれるのが保湿ですが、脱毛後は敏感になっているので、いつもは大丈夫な保湿ケア商品でも化学成分などに反応してしまうことがあるので注意が必要です。

脱毛後の保湿ケアにベビーオイルを利用するメリットは?

ベビーオイルはその名の通り、赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐアイテム。
赤ちゃんの肌に使用できるとあって、敏感な肌にも使用しやすいのがポイントです。
ほとんどのベビーオイルの主成分はミネラルオイルで、低刺激、無着色、無香料と安全性が高いので安心して使用できます。

また、ベビーオイルは紫外線にあたっても変化しないので、日焼けの原因になりません。
そのため日中に使用しても大丈夫なので、こまめに塗り直すことも可能です。
脱毛後、すぐにベビーオイルを塗って外に出ることができるのは嬉しいですよね。

さらに、ベビーオイルは大人の美容オイルなどと比べると比較的安価に手に入ります。
乾燥を防ぐためにこまめに塗り直すと、どうしても量を使ってしまうので、コストパフォーマンスが良いのは助かります。

脱毛後の保湿ケアにベビーオイルを使った効果は?

ベビーオイルは、肌の保護膜のような役割になってくれるので、肌から水分が蒸発するのを防ぎ、結果的に肌の乾燥を防ぎます。
また、保護膜として外部からの刺激を抑えてくれるのも大きな役割です。
このように、脱毛後に敏感になっている肌にはぴったりですよ。

ベビーオイルを使った脱毛後の保湿ケアの方法

ベビーオイルを使った脱毛後の保湿ケアの方法は、以下の通りです。
たった2〜3ステップなので、手間がかからないのは良いですよね。

1.化粧水を肌に馴染ませる
2.ベビーオイルを肌に塗り込む
3.ボディクリームをその上から塗る

先ほど述べたように、ベビーオイルは保護膜の役割を果たします。
つまり、ベビーオイル自体に保湿成分が入っているわけではないということです。
1.の工程を行えば、保湿成分を肌に染みこませた後に保護膜を作ることになるので、より保湿を徹底できます。

また、お風呂の後にベビーオイルを塗る場合は、お風呂から出る前に塗っておきましょう。
入浴後も脱毛後と同じく、刻一刻と乾燥が進んでいますので、できるだけ手早く塗りましょう。
最後にボディクリームを塗ることで、ベビーオイルのべたつき感が軽減されて快適に過ごせますよ。

脱毛後の保湿ケアにベビーオイルを使用する上での注意点

いつもであれば入浴や運動などで汗をかくことは、肌をキレイにするために重要なことでしょう。しかし、脱毛後の熱を帯びた肌には発汗はNGです!

血行を良くすると、毛穴に起きた軽度のやけどが赤くなったりかゆみが増したりします。
脱毛後にベビーオイルを使用するときは、飲酒や運動などは避け、さっとシャワーを浴びた後にしましょう。

また、毎日使い続けていると「インナードライ」という状態にもなりやすいので要注意です。
インナードライとは、肌の表面に油分が多く、内側に水分が足りていない状態を指します。
肌が自分から水分を維持する働きを忘れないように、脱毛後は肌のきめが粗い状態がある程度整ったら、ベビーオイルの使用はやめておきましょう。

まとめ

肌に大きな負荷を与える脱毛は、施術後の保湿ケアが大切です。
そこで、ベビーオイルを使用する保湿ケアは、リーズナブルさと含まれている成分の安全性の高さが魅力。
脱毛後の保湿ケアをしっかりして、すべすべの気持ちいい肌をゲットしましょう。