脱毛後のケアは必須!肌トラブルを避けるためにもしっかりしよう!

2018.05.12
Pocket

脱毛中「痛みが少ないから大丈夫」というような安心感を持っていると、時間の経過とともにかゆみや痛み、発赤が出てきたというような状況に陥ることがあります。脱毛後の肌トラブルを避けるために私たちができるケアをご紹介いたします。
また、施術後に起こるかもしれない肌トラブルのことも知っておきましょう。

脱毛後に起こるかもしれない肌トラブル

脱毛後に起こるかもしれない肌トラブルを上げてみました。脱毛を経験された方はこのような症状に悩まされたことはありませんか?

発赤やかゆみ

脱毛を終えた後、数時間~数日後に肌が赤くなることやかゆみが強くなることがあります。これは、毛根に熱エネルギーを集中して発生させた時の熱がじわじわと皮膚を暖めていったことで起こる症状です。軽いやけどのような状態にあると考えることができます。
お風呂に入った時にヒリヒリするというような場合は、やけどが進行している可能性も考えられます。

強い乾燥肌

皮膚が白く粉がふいたような状態になる他、かゆみを伴うこともあります。光を照射した時に発生する熱が、肌の奥ふかくの水分を蒸発させたことが原因と考えられます。
また、光照射時に肌の表面にあるバリア機能が壊れてしまうことで、肌にとどめておきたい水分が逃げてしまい乾燥してしまうということも考えられます。
この状態が続くと、脱毛サロンで次の施術を断られることもあるため、気をつけたい症状です。

水ぶくれや膿など

一番注意したいのが、水ぶくれが起こることです。これは、光によって発生する熱で、やけどを負った状態と言えます。水ぶくれができる状態は、やけどが進行した状態ですので、部位や状況によっては医師の診察が必要になります。水ぶくれが破れると、感染症にかかりやすくなるので注意が必要です。
また、膿ができることもあります。これは脱毛前につけてしまった傷などに雑菌が繁殖しておこる症状です。そればかりではなく、脱毛後に起こったかゆみ肌や水ぶくれの肌に雑菌が繁殖することでも起こります。場合によっては、脱毛サロンの衛生面で問題が起こっている可能性も考えられます。

自宅でのケア方法を覚えておこう

脱毛後の肌を整えるための自宅でのケア方法を覚えておきましょう。

施術後3日はカミソリ除毛NG

脱毛後の肌はとってもセンシティブです。光照射を行っても、数日間は毛が生え続けます。たとえ、むだ毛が気になってもカミソリを使って除毛することは避けましょう。肌に必要な角質をカミソリでこそげてしまうことも考えられます。
また、これがきっかけでアレルギー症状が引き起こされることも考えられますので、3日間程度は肌を休ませてあげることを優先させましょう。

保湿はたっぷり丁寧に

お手入れ後の肌は、熱がこもった状態が続きますし、時間の経過とともに肌の乾燥が見られるようになります。施術当日は入浴を控え、シャワー浴で済ませましょう。
また、脱毛箇所をぬれタオルなどで冷却することも良いでしょう。
そのほか、保湿ケアを入念に行うことをおすすめしています。自宅にある保湿ローションなどで十分です。お風呂上がりなどに丁寧に保湿ケアを行います。サロンによっては、保湿化粧品を紹介してくれることもありますのでそれを利用することも一案です。

夏場でも長袖を着用しよう

強い光を浴びた肌は、紫外線の刺激で炎症を引き起こすことも考えられます。また、脱毛後数日間は毛が抜け落ちずに残ってしまうので見栄えもちょっと悪い状態にありますね。肌を守るためにも、長袖を着用し紫外線を避けましょう。

脱毛サロンを選ぶことも肌トラブルを避ける勝因

脱毛後の肌ケアについて記してきましたが、肌トラブルを避けるべく脱毛サロンやクリニックを選ぶことも大切です。

医療提携があるサロン

美容皮膚科や美容外科クリニックは医師または医師の指示を受けた医療従事者が脱毛施術を行うので、肌トラブルも未然に防ぐことができます。
医療従事者が施術に介在しない脱毛サロンでは、医療監修などの医療提携を行っていることが、顧客が肌トラブルを引き起こさないための重要な要素となります。
私たちが脱毛サロンを選ぶ時にチェックしたいのが、医療提携やドクターサポートがあるかどうか。万一の肌トラブルで医師の治療が必要になった場合にも、提携する皮膚科があれば安心ですね。

SHR方式のサロン

また、脱毛機器の機能面にも注目すべきです。一般的な脱毛機器はIPLやSSC方式と呼ばれるものです。毛根のメラニン色素にアプローチする波長の光ですので、肌トラブルのリスクが高まります。一方、SHR方式の脱毛器は毛包全体を暖めて毛が抜け落ちやすくなるタイプの脱毛機器です。肌に大きなダメージを与えることなく、施術後の肌トラブルも格段に減らせます。SHR方式は、ほくろやあざがあっても光照射できますので、肌トラブルが懸念されるために脱毛ができなかった方にもお勧めです。

おわりに

脱毛は安全、脱毛は仕上がりがキレイというような触れこみが多いのですが、思った以上にアナウンスされないのが「脱毛後の肌トラブル発生のリスク」です。
懸念される肌トラブルの症状やその原因を知り、自宅ケアを実践することで、次の施術時にも結果が出せる肌を作ることができます。
脱毛前にサロン選びを入念にすることも大切ですね。