顔のムダ毛も光脱毛できるって本当?肌にダメージはないの?

2018.09.18
Pocket

おでこや頬のムダ毛など、ぱっと見はあまり目立たなくても意外と気になるものです。
しかし、顔などの皮膚の薄い部分もサロンで脱毛できるのでしょうか。
それでは、サロンでの顔脱毛について、見ていきましょう。

顔脱毛をするメリットとは?

顔脱毛を行うことで顔のムダ毛がなくなるため、ファンデーションなど化粧のノリが良くなります。
化粧ノリの悪くなる原因として、ムダ毛にファンデーションが付着し、上手く肌にファンデーションや下地が乗らないこともが挙げられます。

そのムダ毛がなくなることで、しっかりと下地とファンデーションが肌にフィットするため、化粧ノリもアップして透明感のある肌を作り出すことができるようになります。

ムダ毛処理をすると、化粧水の浸透がアップします。化粧水の浸透がアップすることで肌の内部までしっかりと化粧水の成分が届き、水分をたっぷり含んだ柔らかな肌になるのです。また、ムダ毛が無くなることで毛穴のつまりが解消され、ニキビを防ぐこともできるので、ニキビが気になるという人にもおすすめです。

毎日のお手入れが楽になる

男性の場合、毎朝起きてヒゲを剃って仕事へ行くことは面倒だと答える人も多く、中には肌が弱くてカミソリ負けをしてひりひりと不快な症状が出たり、炎症が起こったりして悩んでいる人もいるでしょう。
そこでヒゲの脱毛をすることで、毎日の髭剃りから解放され、身支度も簡単で、のんびりと過ごす時間を確保することができます。

顔の光脱毛はできるのか?

顔の脱毛は、エステサロンと美容外科で脱毛をすることができます。脱毛できる個所はおでこ・眉上・頬・鼻下・フェイスライン・あご・あご下です。

脱毛をする前に準備する事

脱毛をする前に準備をすることは、前日までに脱毛したい場所のムダ毛を処理することです。
カミソリや電気シェーバーできれいに処理をしましょう。
ただし、カミソリで処理をする場合には、肌への刺激が強く肌表面を削ってしまうので注意して行いましょう。

その点、電気シェーバーの場合は肌への負担が少ないので、電気シェーバーの方がおすすめです。
また、その日は化粧してもメイクを落としてから施術になってしまうので、その日は化粧をせずサロンやクリニックへ足を運びましょう。
それから、施術前はたっぷり保湿をしましょう。保湿をすることで、ムダ毛も抜けやすく施術後のトラブルも起こりにくい肌になります。

肌への負担は大丈夫か

自己処理の方法というと、毛抜きやシェービング、市販の脱毛剤を使用しての方法になります。
手軽にケアができるということで、自己処理をするひとが多いです。

しかし、この自己処理は肌への負担が非常に高く、肌に炎症が起こりやすく肌荒れが起こりやすくなります。また、顔脱毛は肌への負担が軽く、肌荒れが起こりにくいことも特徴です。

肌を傷つけない

肌に当てる光はムダ毛のメラニン色素のみに反応するため、光を当てた肌は傷つけずムダ毛を処理することができます。
そのため安心して、肌が弱い人でもムダ毛を処理することができるのです。
特に、エステサロンで主流となっている光脱毛は、医療脱毛より光の出力は弱く、痛みはほとんどありません。
永久脱毛効果はありませんが、施術をして3週間ほどでムダ毛が自然に抜け落ちていきます。

医療脱毛も光脱毛と原理は同じですが、出力が強いので痛みを感じることもあります。極力痛みが少ない施術を希望するのなら、光脱毛をおすすめします。

顔脱毛を受ける上で注意をしたい事とは

顔脱毛を受ける上での注意点がいくつかありますので、説明していきます。

日焼けをしたとき

日焼けとは、紫外線を浴びたことでメラニン色素が増え、肌が黒くなってしまう現象を指します。
光脱毛もレーザー脱毛も、ムダ毛のメラニン色素に反応してムダ毛のみに光が当たります。
しかし、肌が黒くなってしまうと肌にまで光が当たってしまうため、火傷や肌トラブルが発生するリスクが高くなってしまいます。

そのため、海や日焼けサロンで肌が黒くなってしまった場合、脱毛の施術を受けることはできません。施術を受けられるようになるのは、肌の状態が落ち着いてからになります。

薬を飲んだとき

薬の中には、光に過剰反応してしまう成分が含まれているものがあります。
これらは多種多様にあり、そのような薬を飲んだ後に施術をすると火傷をしてしまうことがあります。
市販で購入することができる、非ステロイド性の消炎鎮痛剤や総合風邪薬などを服用した後は、基本的に施術を受けることが出来ません。

また、日焼け止めなどのサンスクリーン剤にも原因となる物質が含まれていることがあるので、注意しましょう。

妊娠中

妊娠中は肌が敏感になるため、施術をしても肌あれが起こりやすいです。
また、妊娠中は体もデリケートで体調が変化しやすいこと、胎児に影響がある場合もあることから、施術を受けることが出来ません。
サロンによりますが、産後生理が2回来たら施術可能な状態になります。

まとめ

顔脱毛は毎日のお手入れの手間も省け、スキンケア効果もアップすると言われています。毎日のお手入れが面倒、最近化粧ノリが悪くなってきたと感じたら、顔脱毛を始めてみましょう。